センター長挨拶

山﨑センター長

 第4次産業革命や超スマート社会(Society 5.0)と謳われる社会を支える革新的基盤技術である人工知能・ビッグデータ、IoT、統計手法等のデータ利活用技術が経済発展の鍵を握る中、これら革新的技術を担うデータサイエンティストやセキュリティに強い人材の育成が喫緊の課題となっています。今やどの産業分野においてもデータ(情報)の利活用は必須で、どのような職に就いてもデータ利活用のリテラシーが必要であるため、政府も様々な施策を通じて人材育成等を推し進めています。

 群馬大学数理データ科学教育研究センターは、Society 5.0の基盤支援に向けて,情報数理及びデータ科学を中心とした情報学分野の教育を展開するとともに,これらの素養を持った人材の育成及び研究の推進に取り組んでいます。
 今年度は、独立行政法人統計センターとオンサイト施設の利活用に関する協定を締結し、本学附属小学校にてプログラミング教育を実施するなど、研究活動の整備、人材育成に力を入れてきました。今後は、活動内容を展開し、Society 5.0の実現に貢献していきます。