群馬大学レギュラトリーサイエンスプロジェクト

科学技術を、「人と社会」のために役立たせるために、その成果の有効性や安全性を評価し、科学的根拠と社会的見地の両方から判断(意思決定)することを目的とした研究を行っています。現在は、医療技術の評価を中心としています。評価のための新しい研究デザインや解析法の開発、さらには規制政策や行政措置との橋渡しも重要な役割です。そして、このようなレギュラトリーサイエンスを担うことができる視野の広い人材を育成することを目標としています。